1つでもできたら憂鬱 大人ニキビって?

思春期なんてとっくに過ぎたのに、大人になってもいつの間にかぽつんとできてしまう悩みの種、ニキビ。

 

「20代からのニキビは『吹き出物』って言うんだよ〜?」なんてからかわれることもありますよね。

 

なんだか「老けた」と言われているようで、あまり心地の良い言葉ではありませんが

 

思春期のニキビと大人になってからできるニキビは違う

 

のは間違いではありません。

 

それぞれ、どんな違いがあるのでしょうか。

 

何が違う?なぜ違う?思春期ニキビと大人ニキビ

そもそもニキビというのは、人の皮膚に住み着いている常在菌(じょうざいきん)の一種「アクネ菌」が、詰まった毛穴で増えて炎症を起こした状態をいいます。

 

思春期のニキビだろうと大人のニキビだろうと、それは同じです。

 

違うのは、ニキビに到る原因とできやすい場所。

 

成人してからの大人ニキビが、若い頃と同じケアではなかなか治りにくい理由もそこにあります。

 

思春期ニキビの原因と特徴

思春期ニキビの大きな原因となるのは、過剰に分泌される皮脂です。

 

登校前に洗顔してもお弁当を広げる頃にはすっかりテカって、あぶら取り紙が手放せなかったり、洗顔フォームを鞄の中に常備していた人もいるのでは?

 

子供の体から大人の体へ移り変わるこの時期、人の体内では多くの成長ホルモンが分泌されます。

 

この成長ホルモンは毛穴の奥の皮脂腺に刺激を与える作用があり、そのせいで皮脂の分泌が活発になるのです。

 

ところが、成長途中にある体はまだまだ未熟で、毛穴の発達が皮脂の量についていけないことがあります。

 

さらに、成長ホルモンの分泌量が跳ね上がるため、ホルモンバランスそのものがとても不安定です。

 

そうした要因が重なって、治るそばからニキビができてしまう、なんてことがしばしば発生するのです。

 

思春期ニキビは、皮脂の分泌が特に多いおでこや鼻にかけてのTゾーンにできやすいのが特徴だとよく言われます。

 

しかし実際のところは、「顔中のどこにだってできやすい」のが思春期ニキビです。

 

大人ニキビの原因と特徴

大人ニキビも「詰まった毛穴が炎症を起こす」という点では思春期ニキビとは変わりません。

 

大きく違うのは、体が成長しきっている大人のニキビは、考えられる原因がさまざまにあり、はっきりと特定しにくいことです。

 

理由としてよく挙げられるのが、

 

ストレスや生活習慣の乱れによるホルモンバランスの崩壊
お肌の乾燥

 

です。

 

まず、ストレスなどでホルモンバランスが崩れると、お肌のターンオーバーの周期が乱れ、古い角質が溜まりやすくなります。

 

それが毛穴をふさぎ、そのせいでうまく外に出て行けなくなった皮脂をエサにして、ニキビの原因となるアクネ菌が増えるのです。

 

また、お肌が乾燥すると角質のキメが乱れ、お肌は厚く、固くなってしまいがち。

 

毛穴の詰まりをさらに頑丈にしてしまい、ニキビを作ってしまうのです。

 

ホルモンバランスが崩れたことで、オイリー肌でなくとも皮脂の分泌が増え、それがターンオーバーの乱れとあいまってできることも多々あります。

 

原因が絡み合っており、一度できるとなかなか治りにくいのが大人ニキビのやっかいなところ。

 

また、あごやフェイスラインなど顔の外側にできやすいのも特徴です。

 

思春期ニキビと大人ニキビの違いまとめ

 

ニキビの原因

思春期ニキビ → 成長ホルモンの分泌量が主な原因
大人ニキビ → ホルモンバランスの乱れ・乾燥

 

ニキビの特徴

思春期ニキビ → Tゾーンを中心に顔全体にできる
大人ニキビ → あごやフェイスラインなど顔の外側

 

 

超危険!!大人ニキビを悪化させる間違いケア

 

一般的に「ニキビ=過剰な皮脂のせい」と思われがちですが、それがあてはまるのは思春期ニキビです。

 

ターンオーバーの乱れや乾燥によってできた大人ニキビに、思春期ニキビと同じケアをしていると、よけいに悪化させる危険性が大いにあります。

 

その結果、消えにくいニキビあとができ、新たな悩みを抱えてしまうことも。

 

大人ニキビにこんなNGケア、あなたはやっていませんか……?

 

NGケアその1 余分な皮脂をしっかり落とす

「えっこれがダメなの!?」とお思いの方は多いかもしれませんね。

 

ですが、大人ニキビの原因を再度振り返ってみてください。

 

大人ニキビは必ずしもお肌がオイリーだからできるわけではありません

 

「皮脂をしっかり落とさなければ」という気持ちで洗顔すると、ついつい洗いすぎてしまったり、力を入れてお肌をこすり、傷つけてしまいがち。

 

また、洗顔の回数をむやみに増やしたりすると、お肌の保水成分や皮脂が必要以上に失われ、乾燥してしまいます。

 

洗顔で失われたぶんを補おうと、皮脂の分泌がよけい盛んになり、「やっぱり私はオイリー肌なんだ」と思い込みをひどくすることもあります。

 

古い角質と皮脂をきちんと落とすことは、毎日のスキンケアで大切なことですが、やりすぎは厳禁です。

NGケアその2 余計な油分を避けるため化粧水しかつけない

これも「油分を避けなければ」という過剰な思い込みでやってしまいがちなケアです。

 

お肌には皮脂という天然の油分があるため、間違ったケアアイテムで必要以上に油分を追加してしまうのは確かによくありません。

 

大人ニキビの原因のひとつである「お肌の乾燥」を解決するには、化粧水だけでは不十分です。

 

油分が少なく、ヒアルロン酸やセラミドなど、お肌の保湿成分がメインとなる美容液をあわせ、しっかりと保湿を行いましょう。

NGケアその3 ビタミン剤やサプリメントさえ飲んでいれば大丈夫

ニキビができたり肌荒れした時によく「ビタミンをとるとよい」と言われますよね。

 

中でも、ビタミンCとビタミンBは、お肌のためには特にとったほうがよいとされるビタミン類です。

 

しかしながらビタミン剤やサプリメントさえ飲んでいれば、ニキビに対抗できるかというとそうではありません。

 

ビタミン剤やサプリメントは、普段の食事では不足しがちな分を補助的にとるものです。

 

普段の食事をないがしろにしながらとっても、結局他の栄養素が不足して、結局回復が遅れることにつながってしまいます。

 

NGケアその4 どんなニキビでも市販薬で乾燥させて治す

ニキビは大変身近な肌トラブルで、ドラッグストアなどに行けば治療薬がたくさん売られています。

 

特に、ニキビを乾燥させて治すタイプの市販薬は、青春時代にお世話になった人も多いのではないでしょうか。

 

この「乾燥させて治す」タイプは、強力な脱脂パワーのある成分「硫黄(いおう)」が含まれていることが多く、皮脂が過剰な思春期ニキビには大変心強い味方です。

 

ですが、ホルモンバランスの乱れやお肌の乾燥が原因となる大人ニキビでは、逆に悪化させてしまうこともあるのです。

 

大人ニキビができるほど乾燥したお肌は、キメが乱れ、バリア機能が失われています。

 

それを回復しようとして皮脂が分泌されますが、薬でさらに皮脂をとってしまうと、お肌の状態はさらに乾燥し、よけいに悪くなる可能性が高いのです。

 

「ニキビ=乾燥させる」が通用するのは10代まで

 

大人ニキビの治療薬のチョイスは、お肌の状態や絡み合ったニキビの原因を考慮し、慎重にしなければなりません。

 

 

誰でも経験のある身近な肌トラブルだからこそ、思い込みでの間違ったケアをしてしまいがち。

 

それで悪化したとしても、なかなか原因に気がつきにくいのも難点です。

 

「よくあること」ほど正しい情報に敏感でいたいものですね。

 

⇒ 正しい大人ニキビケアの詳細をチェック



























関連ページ