ニキビはあなどれない!予防&悪化の前に即撃退!

お肌の乾燥やストレス、ホルモンバランスの乱れによって起こる大人ニキビに、思春期ニキビと同じケアは悪化のもと。

 

詳しくは ⇒ 超危険!!大人ニキビを悪化させる間違いケア

 

症状がひどくなると、たとえニキビが治っても痕が残って、今度はニキビあとのケアに悩むことになってしまいます。

 

大人だからこそ必要なニキビケアと、できてしまったニキビあとへの対処術は、知っていて損はありません

 

作らない・できてしまったら早めに治す大人ニキビのケア術

 

成長ホルモンによって皮脂の分泌が増える、いわば自力で原因を断つことの難しい思春期ニキビと違い、大人ニキビはまず予防が肝心

 

また同時に、その予防方法はできてしまったニキビへの対処術にもなりえます。

 

ニキビケアに必要なこと

1 うるおい重視のスキンケア

お肌の水分不足で毛穴周辺や出口の角質が固くなるのを避けるため、古い角質をきちんと落としてしっかり保湿しましょう。

 

洗顔にはさっぱり洗い上げる固形石けんなど、お肌に負担をかけないものをチョイスします。

 

洗顔後は、過剰な皮脂を抑えると共に抗炎作用のあるビタミンC誘導体が配合された化粧水でケア。

 

さらに、お肌の保湿成分であるセラミドやヒアルロン酸配合の美容液で、うるおいをしっかり補給しておきます。

 

 

ニキビ予防のスペシャルケアとして、定期的にお肌のピーリングを行い、古い角質をためないようにするのも効果的です。

 

ただし自力でのピーリングはお肌への負担が大きいため、すでにニキビができて炎症している時は無理に行わず、治療することに専念しましょう。

 

2 お肌の「すすぎ」を徹底する

大人ニキビのうち、特に髪の生え際や背中にできる場合は、シャンプーやトリートメントのすすぎ残しが遠因になっていることがあります。

 

特に髪の長い人は、洗髪時に背中に流れたシャンプーをきちんと落としきれないことがしばしばあります。

 

洗髪、洗顔した時は「洗えていない部分」以上に「すすぎ残し」に気をつけましょう。

 

シャンプーや洗顔料など汚れを洗い落とすものは、いくら低刺激のものを選んでも、ずっとお肌にのせていていいものではありません

 

泡だけでなくぬるつきが落ちるまで、お肌のすすぎをしっかり行いましょう。

 

この時、熱すぎるお湯ではよけいにお肌を乾燥させてしまうため、人肌程度のぬるま湯を使用します。

 

3 睡眠時間は六時間キープ

大人ニキビにはホルモンバランスの乱れや、それに伴うターンオーバー周期の崩壊が大きく関わっています。

 

ホルモンバランスを乱す原因として特に言われるのが、生活習慣の乱れとそれに伴う睡眠不足。

 

人は眠っている間に成長ホルモンが分泌され、壊れた細胞を治したり再生しており、ニキビケアに睡眠は欠かせません。

 

しっかりと細胞の修復ができるよう、そしてターンオーバーの周期を乱さないよう、毎日六時間は睡眠時間をキープしましょう

 

生活時間帯の夜型・昼型にこだわるより、熟睡できる時間を安定して確保することが大切です。

 

4 食生活の改善と便秘の解消

 

動物性の脂肪分が多い洋食メインの食事は、ニキビができやすくなる上に便秘を招きやすいスタイル。

 

ニキビ予防や改善のことを思うなら、脂肪分が少なく野菜多めの和食メニューを取り入れましょう

 

野菜はビタミン類が豊富な上、食物繊維も含まれており、ニキビと便秘にダブルで効果的です。

 

逆にこれらが極端に不足すると、腸内環境が悪化して便秘になりがちで、さらにニキビができやすくなる悪循環になりがちです。

 

おなかを冷やさないためにも、生野菜のサラダばかりではなく、煮物などで温かい緑黄色野菜もとりましょう。

 

また、アルコールやカフェインは内臓や神経系のコンディションを大きく乱し、その影響はお肌へも現れるため、とりすぎは厳禁です。

 

 

ニキビは自力で治すもの?

 

ニキビは誰にでもできる非常に身近な肌トラブルで、適度に寝てビタミンをとっていればいつの間にか治った、なんてこともしばしば。

 

セルフケアで治すのが当たり前という人も多いことでしょう。

 

軽症かつ体の回復力が十分ならばそれでも良いのですが、時にニキビは重症化することがあります。

 

十分な睡眠や栄養をとってもいっこうに改善しない、ひどく大きくなって膿んできたなど、重症化の兆しがあるときは迷わず皮膚科へ。

 

重症化したニキビをほうっておくと、お肌の深いところまで炎症が広がり、毛穴の組織が壊れてクレーターになることがあります。

 

クレーター状のニキビあとができてしまうと、セルフケアでの改善は非常に困難。

 

美容皮膚科などの治療でも、完全に消してしまうのは難しくなります。

 

たかがニキビとあなどってはいけません。

 

⇒ もしニキビあとができてしまったら?

 

ニキビができると「皮脂が憎い!」とばかりに、必死に顔のアブラを落とすことを優先してしまいがち。

 

大人になって毛穴が完成したら、戦う相手は皮脂よりも自分の生活習慣です。

 

上手にセルフコントロールして、ニキビができる前にまず予防、できてしまっても即撃退で悪化させないよう努めたいですね。

 

⇒ 大人ニキビに効果的!優れたニキビケア化粧品のチェックはこちら



























関連ページ