お肌には水分を蓄える能力が備わっている

健康的な肌

肌には肌の潤いや健康を保つために、水分を維持する機能が備わっています。

 

健康的な肌質の人の角層は、約20〜30%の水分で占められていています。

 

角層で保湿成分がつくられ、水分をしっかり蓄えることができるので、肌の内側から潤っています。

 

そう、乾燥知らずの肌です。

 

 

 

ですが、乾きがちな肌の人はというと20%以下。

 

肌がカサついたりつっぱたりして、洗顔後に急いで化粧水をつけないといけない状態です。

 

それに、かゆくなったり、化粧品でヒリヒリしたりということも。

 

保湿成分をつくる力が弱いため、乾燥してしまうんですね・・。

 

これは加齢でも当てはまっていて、「年々潤いやハリがなくなっている・・・」

 

と感じるのは、保湿成分が減少して水分維持機能が低下しているからです。

 

そこで、潤いやハリがある肌に変えるためには、まず、保湿成分を増やし、水分維持機能を正常に戻してあげることが先決!

 

その保湿成分こそがセラミドです!

 

正しい保湿ケア、できている?

  1. 保湿しているのにカサカサ
  2. 美容成分がたっぷり入っている化粧品なのに効かない

などということ、ありませんか?

 

化粧品が効かない

保湿しているのに乾燥する、美容成分の効果がないという原因は、適切な保湿ができていないからです。

 

水分を蓄える力がなければ、効果がある化粧水や美容液も蒸発してしまい、潤った肌にはなれません。

 

乾きがちな肌にとって正しい保湿ケアとは「水分をたっぷり蓄えることができる肌」に整えることです。

 

そのためにはセラミドが必須!

 

セラミドには、角層でつくられている保湿成分で角層内で水分が蒸発するのを防ぎ、肌に必要な水分を維持する機能があります。

 

また、外からの刺激物質や紫外線の侵入をガードしているバリア機能も担い、健康な肌を作っている成分でもあります。

 

セラミドが十分につくられ、その機能がしっかり果たされていれば、肌は乾燥することはありません。

 

それくらい肌にとって重要な保湿成分なんですよね。

 

セラミドなら乾燥しない健やかな肌へと導いてくれるでしょう。

 

セラミド補うために知っておきたい事へ

 



























関連ページ