乾きがちな肌から脱出するために知っておきたいこと

乾きがちな肌ってどんな状態?

 

乾きがちな肌は、乾燥によって角層のバリア機能が低下し、外からの刺激に弱い状態になっている肌を言います。

 

さらに、肌の水分をキープする力も低下しているので、いくら保湿してもすぐに水分が蒸発してしまいます。

 

こういったことはありませんか?

 

  • 肌がカサカサしてかゆい
  • 肌荒れも・・・
  • ほこりや花粉などでかゆくなる
  • 普段使っている化粧品がしみる

 

などの症状が乾きがちな肌

 

健康でトラブルがない肌は、バリア機能と肌の水分維持力がしっかり働いているんですね。

バリア機能が低下する原因とは?

  • 間違ったスキンケア(こする・叩く・洗い過ぎなど)
  • 刺激が強い、または肌に合っていないコスメを使っている
  • 紫外線を浴びる
  • 気温の変化やエアコンなどの外的環境
  • 不規則な食生活や栄養の偏り
  • 睡眠不足
  • ストレス

こういった原因で角層のバリア機能が乱れ、水分保持力も低下していきます。

 

肌質を改善していくには、もちろん生活習慣や環境なども大切ですが、女性にとっては毎日のスキンケアも重要になってきますよね。

 

日々使っている化粧品の見直しもはずせません。

 

一度肌が敏感な状態になると、なかなか回復しないので、早急に対処する必要があります。

 

また、単に乾燥肌の人でも、もともとバリア機能が弱く、敏感肌に陥りやすいので、普段からしっかり保湿ケアをしておきましょう。

 

脱出するカギとは?

乾きがちな肌から抜け出すには、角質の

 

バリア機能
水分保持力

 

回復させること

 

そして、この2つの重要な役割りを担っているのが『セラミド』です。

 

肌の角層に存在し、積み重なっている角質細胞の隙間を接着剤のように密着させ、刺激物質の侵入を防ぐとともに、肌内部の水分が蒸発しないように肌を守っている保湿成分です。

 

乾きがちな肌では、セラミドが不足しているため、細胞と細胞の間に隙間ができ、その結果、肌が乾燥し、少しの刺激にも耐えれない状態になっています。

 

そのため、セラミドを補ってあげる必要があります。

 

そう!今の肌質から脱出するには、肌に「セラミド」を与えてあげることがいちばん!

 

そうすることによって、バリア機能が回復し、潤いを保つことができる肌に変わっていきます。

 

最近では、セラミド入りの化粧品もかなり増えています。

 

ただ、セラミド配合だったら何でもいいわけではなく、種類によって効果に大きな差があるので、選ぶのなら人の肌にあるセラミドと同じ分子構造をしている「ヒト型セラミド」入りの化粧品がベストです。

 

これこそが、乾きがちな肌の救世主となるでしょう!



























関連ページ