UVケア

MENU

お肌をいたわりながらUVケア

お肌に対して大きなダメージを与え、将来的にシワやたるみ、シミなどあらゆるトラブルの原因となる紫外線をブロックするUVケアはとても大切なこと。

 

しかし、UVケアといっても「日焼け止めさえ塗ればいい」という単純な考えでしてしまうと、お肌に思わぬダメージを与えることがあります。

 

外出の時間や季節、または日差しの強さによってもケアの手段は変わってくるもの。

 

お肌をきちんといたわりながらケアしてこそ、美肌というのは保たれるのです。

 

「UVケア=日焼け止め」は待って!シーンで選ぶケア方法

毎日降り注ぐ紫外線からお肌を守るには、お肌が太陽の光に直接さらされる外出時に、しっかりと紫外線をブロックすることです。

 

そうなると「日焼け止めを塗ろう」と考えてしまいがちなのですが、実は日焼け止め自身もお肌にとってはかなりの負担。

 

 

やみくもに日焼け止めを塗るよりも、それ以外の方法を併用したり、シーンごとにケアの方法を変えることで、お肌へのダメージはかなり減らせます。

 

ダメージを軽減するには?
2時間未満の短時間外出

 

2時間に満たないような短時間の外出では、日焼け止めを使わない方法でお肌をガードします。

 

顔はルースパウダーやパウダーファンデーションを塗るようにします。
ルースパウダーやパウダーファンデーションは、効果は強くありませんが多少の紫外線ならガードしてくれる力があるからです。

 

最近ではUVケア用にSPFひとけたのものも出回っていますが、UVケアの記載がなくても短時間なら十分です。

 

体のほうは手袋や長袖の上着、日傘を使ってお肌をガードします。
白よりも黒や紺など色の濃いものを選び、上着は厚手の素材を選ぶのがポイントです。

 

 

いつもの外出

 

2時間以上の外出するとき、ここで初めて日焼け止めを使います。

 

A波をブロックするPAは「++」、B波をブロックするSPFは10〜20あればOK。
夏場のように汗が気になるシーズンでも、無理してウォータープルーフを使わず、必要に応じて塗りなおして対処しましょう。

 

それでも不安になるようなら、日傘や上着などを併用するのももちろんOKです。

 

 

海や山でのアウトドアレジャー

 

強い日差しに長時間さらされる海や山などでのアウトドアレジャーの時は、ウォータープルーフやSPF値の高いパワフルな日焼け止めが大活躍です。

 

そうした日焼け止めは使用後のクレンジングが必須なことがほとんどのため、帰ったあとはしっかりとクレンジングと保湿を行いましょう。

 

ウォータープルーフタイプでも水に濡れたら塗りなおし、特に夏のアウトドアでは、濡れていなくても二時間ごとに重ね塗りするのがベストです。
ノーマル肌の場合、PAは「+++」、SPFは最高値の50で、なおかつウォータープルーフのものをチョイス。

 

敏感肌の人は、PAは「+++」と同じでも、SPFは少し低めの30、ウォータープルーフでないものを選び、ノーマル肌の人以上にこまめな塗りなおしを行います。

 

日焼け止め以外の対策としては、レジャーの予定が事前にわかっているようなら、二週間ほど前からビタミンCを多めにとる生活をしておくと、シミの予防につながります。

 

このように状況に応じてUVケアを行うと、お肌のダメージも軽減されますよ。

 

UVケア勝利の秘訣は「数値」より「塗り方」にアリ?

日焼け止めといえば、その効果を示す「PA」と「SPF」の数値にばかり目がいってしまいがちですね。

 

高い数値のものはより効果が高い印象がありますが、そうした日焼け止めのパワーをしっかり発揮できるかどうかは、実は塗り方にかかっています。

 

紫外線のうちB波をガードするSPFの数値は、SPF1で20分の紫外線ブロック効果があるという単位です。

 

しかし、この数値、なんと「1平方センチメートルの皮膚に対して2mg塗った場合」という条件つきで、塗り方が不十分だと表示されているSPF値よりも効果が薄れる可能性があるのです。

 

日常生活の普段使いなら、塗り方が多少不十分だったとしてもカバーしきれる範囲かもしれませんが、強い日差しを浴びるレジャーシーンでは注意したいもの。

 

 

SPF値やPA値の高い日焼け止めは、どうしても使用感が重いため、お肌の負担を考えて薄めに……と思ってしまいがちですよね。

 

ですが、たっぷりと塗ってきちんと落とし、その後しっかりケアしたほうが、最終的にお肌のダメージは少なくて済むわけです。


 

気をつけながらメリハリケアを行った場合でも、日焼け止めを使ったあとのお肌は乾燥しがちで、やはり負担を感じています。

 

洗顔やクレンジングなどで日焼け止めを落としたあとは、上質な保湿成分の入った美容液などでしっかりと保湿して、お肌をいたわってあげて下さいね。

 



























関連ページ