絶対避けて通れない生理とお肌の困った関係

女性が女性である以上、どうしても切り離すことができない、毎月の生理。

 

子宮は女性の第二の心臓と言われることもあるほど、女性の体は生理周期とそれに伴う女性ホルモンの変化に大きな影響を受けます。

 

そんな生理周期は、もちろんお肌のコンディションとも密接な関係にあり、美肌を考える上で忘れてはならない要素のひとつです。

 

生理前や生理中の肌荒れに毎月悩まされる人は少なくないのでは?

 

生理と肌コンディションの関係性を知り、しっかりケアしてあげましょう。

 

女性の生理を支配する二つのホルモンとお肌の関わり

 

毎月の生理周期には二種類の女性ホルモンが深く関係しており、そのホルモンの増減がお肌のコンディションを大きく左右します。

 

エストロゲン

 

卵子のもとが入っている卵胞(らんほう)の成熟を促し、子宮内膜を成長させて妊娠に備えるホルモンで、卵胞ホルモンとも呼ばれます。

 

生理が終わる頃から分泌量が増え始めて、排卵直前に最も量が多くなり、排卵後は分泌が減って、生理が始まる頃は極端に少なくなります。

 

いつ妊娠しても良いように脳や自律神経を整え、女性らしい体をつくる働きがあり、「美容ホルモン」と言われることも。

 

骨や皮膚がつくられるのを促進する作用もあり、お肌のターンオーバーも促してくれます。

 

エストロゲンが豊富な生理後〜排卵まではお肌の調子もよくなり、心身ともに安定した、女性にとって快適な時期です。

 

 

プロゲステロン

黄体(おうたい)ホルモンとも呼ばれ、排卵後から分泌が増える女性ホルモンです。

 

子宮内膜を栄養たっぷりの厚い状態に保ち、受精卵が着床しやすいよう子宮の環境を整えます。

 

また、妊娠した場合は胎盤をつくり妊娠を維持する働きがあります。

 

流産を防ぐために筋肉の収縮をおさえるため、胃腸の動きが鈍くなって便秘を引き起こすことも。

 

皮脂の分泌を促す作用もあり、毛穴が汚れやすくなって肌トラブルを引き起こす一因となっています

 

 

生理が始まると、エストロゲンもプロゲステロンも分泌量が減少し、女性の体は最もデリケートな時期に突入します。

 

敏感で外からの刺激を受けやすく、普段なら起こらないような肌トラブルが起こることも

 

「ずっとエストロゲンたっぷりならいいのに」と思ってしまいそうですが、残念ながらそういうわけにもいきません。

 

バランスの乱れにオススメのサプリメントはこちら

 

生理周期に寄り添ったスキンケア術って?

体とお肌を思いやり、よりお肌のコンディションを高く保ちたいのなら、生理周期とホルモンバランスに寄り添ったケアをすることです。

 

生理中に化粧水を変えたら刺激を感じたり、ピーリングをしたらかえってトラブルが悪化なんて経験ありませんか?

 

コンディションに一定の周期があるのなら、それに合わせてケアの方法も変えていきましょう。

 

生理後〜排卵まで

卵胞ホルモン、エストロゲンが豊富に分泌され、お肌の調子も上向きな時期です。

 

ピーリングなどお肌に負担のかかるスペシャルケアや、新しいケアアイテムにトライするならこの時期がベスト

 

乾きがちな肌でも安心して使える「マイルドピーリング」はこちら

 

 

排卵後〜生理直前まで

 

黄体ホルモン、プロゲステロンの分泌が増えるこの時期は、皮脂の分泌が増えてべたつきやすく、ニキビ等の肌トラブルが起こりがち

 

脂肪分の多い食べ物は控え気味にして、顔に雑菌を繁殖させないよう心がけましょう

 

枕カバーや布団カバーといった顔に触れるものは清潔を保ち、髪の毛が顔にかからないようまとめるなどして無駄な刺激も避けます。

 

ただし、べたつきや汚れが気になるからと一日に何度も洗顔するのはNG。

 

朝と夜の洗顔以外で油分が気になるときは、脂取り紙でやさしく押さえるなどしましょう。

 

お肌のパワーが落ちるこの頃から生理中にかけては、紫外線によるダメージも受けやすいため、UV対策も大事です。

 

 

生理中

お肌だけでなく女性の体がもっともデリケートになっている時期です。

 

エストロゲン、プロゲステロンのどちらも減少しているため、生理中はお肌を休ませてあげましょう

 

乾燥しがちなので化粧水と美容液でしっかり保湿を行います。

 

お肌のターンオーバー能力も落ちているため、刺激の強いスペシャルケアを生理中に行うのはNG。

 

ピーリングはもちろん、シェービングやパック、エステもこの期間はお休みしたほうが良いでしょう。

 

新しいケアアイテムにトライするのも避け、生理が終わるまで待ちましょう。

 

必要なことだとわかっていても、生理は体への負担が大きくナーバスになってしまいがち。

 

だからこそ、体のリズムに寄り添ってケアにメリハリをつけ、少しでも快適に過ごしたいものですね。



























関連ページ