お酒は美肌作りの邪魔になる?お酒のアルコールが肌に影響するメカニズム

日頃のスキンケアで磨いたお肌に、ばっちりメイクで参加する楽しい飲み会。

 

気心知れた仲間との楽しい飲み会は、少し派手目の冒険したメイクを披露したり、ストレス発散するのにもってこいの場です。

 

でも、あんなに楽しかったのに飲み会の翌日はお肌の調子がイマイチ……という声をよく耳にしますよね。

 

しっかり飲み会を楽しんで、翌日のお肌も元気でいられる方法はないのでしょうか?

 

酒と美肌|誰が犯人?飲み会明けの肌荒れを起こす悪いヤツ

 

飲み会明けの肌荒れを起こしてしまう犯人は、いったい何なのでしょうか?

 

真っ先に「アルコールという成分そのもの」が上げられますが、他にも考えられる原因はあります。

 

その原因とは…

 

「アルコール」がお肌と体に及ぼす深刻な影響

 

ほどよい量なら血行を促進し、リラックス効果もあるお酒なのですが、体にとってアルコールは「すみやかに処理して体外に出すべき毒物」です。

 

その処理を引き受けるのが肝臓で、お酒を飲んだあとはフル活動でアルコールを分解・排出しようとします。

 

アルコールの分解は最優先で行われるため、お酒を飲みすぎてしまうと、肝臓が普段おこなっている他の仕事が停滞してしまう場合があります。

 

その「停滞してしまう他の仕事」のひとつが、ビタミンの消化吸収に不可欠な「胆汁酸」をつくること。

 

その結果ビタミンの吸収が悪くなる上、お酒を分解するのにもビタミンが消費されるため、ビタミンが不足しがちになります。

 

これが飲み会翌日の肌荒れを生み出す理由の一つです。

 

さらに、アルコールを分解するためには、ミネラル分の亜鉛を大量に使います。

 

亜鉛には、細胞の成長を早めて新陳代謝を活発にする働きがあり、これが不足するとお肌のターンオーバーがうまくいきません。

 

また、少量のアルコールはお肌をさび付かせる活性酸素をおさえる効果がありますが、とりすぎると逆に大量の活性酸素を生み出します。

 

無視できない「おつまみ」の影響

 

アルコールをたくさん取ると、前述のように胆汁酸の作成が後回しになってしまうため、消化能力が落ちてしまいます。

 

そこに、おつまみでよくありがちな唐揚げや焼き鳥など、脂っこいものをたくさん食べてしまうと、胃腸に大きな負担がかかります。

 

胃腸の不調はお肌に非常に現れやすく、これも肌トラブルの原因となります。

 

また、サラダなどの冷たいおつまみをたくさん食べると、内臓を冷やして血行不良を引き起こします。

 

お肌のすみずみまで十分に血流が行き届かず、くすみなどが発生してしまいます。

 

「ついつい長居」の夜更かしで負担倍増

 

みんなでワイワイしていると、楽しさのあまりつい時間を忘れ、うっかり長々と飲みふけってしまうことが多々ありますね。

 

しかしその結果、睡眠時間が短くなることで、アルコールの分解で疲れた体に更なる負担を与えることになります。

 

ただでさえお肌が荒れやすい状態なのに、睡眠不足ではお肌の調子がよくなるはずがありません。

 

また、酔いの回った状態で遅くに帰宅すると、肌ケアどころかメイクを落とすことすら面倒で、うっかりそのまま寝てしまう、なんてことも……。

 

そんな翌日のお肌のコンディションが最悪なのは言うまでもありませんよね。

 

酒と美肌|今日から実践!肌思いな飲み方

 

「よくない」と言われても、お酒を飲む習慣のある人にとってアルコールは欠かせないもの。

 

美肌と飲酒を両立させたいなら、お肌の負担になるような飲み方を改善することが必要です。

 

肌思いなお酒の飲み方とは?

 

お酒の種類を見直す

 

喉ごしがよくてつい飲みすぎてしまいがちなカクテル、ビール、サワーをメインにしないようにします。

 

ビールなどの喉ごしがよいお酒は最初の一杯にとどめ、ワインや日本酒、焼酎のお湯割りなど、喉ごし重めなものをメインにすると良いでしょう。

 

とはいえお酒は個人で合う合わないがあるため、飲みやすい軽めのものしか受け付けない人は、量を自制するしかありません。

 

あらかじめ飲む量を決めておくのもひとつの手段ですね。

 

お酒を飲むと一時的に体が熱くなりますが、しばらくすると今度は体温が下がる傾向にあるため、冷えたお酒をたくさん飲むのは避けましょう。

 

おつまみを見直す

 

アルコールが胃腸や肝臓に与える影響を考えて、おつまみをチョイスします。

 

おつまみとしてありがちな脂肪分の多い肉類やポテト、ピザなどは真っ先に避けておきましょう。

 

また、お酒で内臓が冷えてしまうため、冷たいおつまみばかりとるのもよくありません。

 

湯豆腐や温かい煮物、焼き魚など、体を冷やさない火の通ったものを選びます。

 

アルコールの分解を助けるビタミンB1やタウリン、タンパク質を多く含む食べ物をおつまみに取り入れるとなお良いですね。

 

枝豆や卵焼き、カキやイカなど海の食材が大変オススメです。

 

日付が変わるまでには帰宅する

 

楽しい飲み会でも、日付が変わるまでには帰宅するよう心がけ、スキンケア不足と睡眠不足を防ぎます。

 

せめてきちんとメイクを落とし、洗顔、保湿までできるくらいの状態で帰宅したいもの。

 

ちょっと派手目のメイクはお肌に負担をかけるので、その日のうちに落としてアフターケアをしっかり行います。

 

帰宅後はだらだら夜更かしせず、ケアが終わったら早めに布団に入りましょう。

 

アルコールによる体への負担で弱ったお肌を、眠ることで少しでもいたわってあげるのが大事です。

 

お酒で多少はめを外しても、お肌のはめを外すのは避けておきたいもの。

 

健康的な美肌をキープするためにも、スマートにお酒を楽しみましょう。



























関連ページ