美肌とストレスの関係について

どんな良質なケアアイテムを使っても、丁寧な肌ケアをしても、これだけでは決して解消されない美肌の大敵……それは

 

ストレス…

 

乾きがちな肌といった肌質に限らず、体のコンディションとストレスに大きな関わりがあることは、近年ではもはや常識となっています。

 

ですがストレスはその存在に気がつきにくく、あっという間に解消!というのも難しいやっかいなもの。

 

健康的な美肌のためには日頃から上手にストレスケアしていきましょう。

 

いつまでも改善しない肌トラブルはストレスのせい!?

 

ストレスが体の不調を招き、それが巡り巡ってお肌のトラブルを招いているような場合は、いくらトラブルケアをしても治らないことがあります。

 

ストレスがたまると、まず脳と交感神経が緊張します。

 

それにより脳に血液が集中し、体全体の血の巡りが悪くなるので、お肌への血流も不足して肌荒れやくすみが起こります。

 

また、ストレスによりホルモンバランスが崩れ、お肌のターンオーバーの周期を乱し、角質が厚くなってやはりくすみの原因となります。

 

ホルモンバランスが崩れると胃腸などの消化器系の内臓もうまく働かず、きちんと消化できなかったり便秘になったりします。

 

その結果、肌荒れが慢性化したり、体内の有害物質をうまく排出できずにニキビが悪化したり、できやすくなることもあります。

 

さらに、ストレスは体をさび付かせる有害物質「活性酸素」を発生させ、これがシワやたるみといったお肌の老化を進めてしまうのです。

 

ストレスひとつでまさに肌トラブルの「負の連鎖」が起こってしまうということです。

 

ストレスがもたらす肌トラブルは「誰でも起こることだから」などと軽く考えていいことではありません。

 

乾燥肌や敏感肌ではただでさえ肌荒れやトラブルを起こしやすいため、ストレスに対する耐性を付けておきたいところ。

 

また、年齢を重ねるごとにお肌の修復力も弱くなるので、きちんと対処しておきましょう。

 

美肌に必須のストレスケアでおさえておくべき4つのポイント

 

ストレスはお肌のみならず、体全体の調子に大きな影響を及ぼすため、最近ではいろんなストレス解消術が紹介されています。

 

ですが実際にストレスが溜まっているときは、判断力も落ちてしまい、何が一番いいのかわからなくなってしまいがち。

 

いざという時によけいな悩みを抱えないよう、ストレスケアの際に最低限おさえておくべきポイント4つを覚えておきましょう。

 

まずはストレスの原因を知る

 

いったい何が自分のストレスになっているのか、それを知ることから始めましょう。

 

とはいえストレス要因は複雑に絡み合い、これだと断定することは難しいかもしれません。

 

そんなときはまず、何が自分に負担をかけているか、その度合いの大きさ順に原因を追究してみるとよいでしょう。

 

心に大きな負担を与えている原因を軽くすることができれば、抱えるストレスの量は大きく減るはずです。

 

頭の中で原因を考えるのではなく、思うまま紙に書き出すなどして目に見える形にすれば、よりわかりやすいでしょう。

 

自分の好みに合ったストレス解消法を行う

 

世の中で「ストレス解消によい」とされているストレス解消法は、あくまでも「ひとつの例」です。

 

「ストレスに良い」とされていても、普段の生活スタイルや好みとはかけ離れていて、実践するとかえってストレスになることも。

 

大切なのはさまざまなストレス解消の選択肢から、自分の好みに合ったものを選んで実践することです。

 

例えば、静かなヒーリングミュージックは脳を休める効果があるとして、ストレス解消によいとよく言われています。

 

しかし中には、静かな音楽を聞くとイライラする、うるさいほどのロックのほうがストレス解消になるという人だっているわけです。

 

多くの人に支持されている方法が、あなたにとっての最善とは限らないのです。

 

あまり気負わず気楽にできる、自分の好みに合ったものが、あなたにとって一番良いストレス解消法と言えるでしょう。

 

日頃から「よく食べてよく動いてよく眠る」を実践

 

ストレスの原因は人によってさまざまですが、日頃の生活習慣を見直すことで、ストレスへの耐性を上げることはできます。

 

それはずばり「よく食べてよく動いてよく眠る」という基本中の基本の習慣。

 

忙しい現代社会では、その基本の習慣すらままならない人が大勢いるのです。

 

それで慢性的な体調不良になり、ストレスを受け止める力が弱まり、たまったストレスがさらに体調を悪化させるという悪循環に陥るわけです。

 

食べて動いて眠るという健康的な生活は、体調を良くしてストレス耐性を上げるだけでなく、お肌の調子も整えてくれます。

 

リラックスアイテムを活用する

 

毎日何かに追われる忙しい生活を続けていると、ストレスはただたまる一方で、あっという間に積み重なってしまいます。

 

そうならないためには、日頃から少しずつストレスを吐き出したり、リラックスさせることが重要です。

 

中でも気軽に生活の中に取り入れられるのが、アロマの力です。

 

ハーブの中には人の神経に作用して、興奮を沈めたりリラックスさせる働きを持つものが多くあります。

 

いつものコーヒーを、リラックス効果のあるペパーミントやカモミールのハーブティーにしてみるのも良いかもしれません。

 

また、ラベンダーやローズなどのオイルをお湯にたらして部屋に置く、といった方法もあります。

 

ここでも大切なのは、自分の好みに合った香りを選ぶこと。

 

香りは個人で好みが大きく分かれるため、うたわれている効能以上に、自分の好みを優先してしまってかまいません。

 

特に乾きがちな肌やアトピー肌の場合は、ストレスが原因でカサつきや肌荒れなどの症状が酷くなることも。

 

元々お肌が弱く、ストレスによるダメージを受けやすいので、溜め込まないように気を付けておきましょう。

 

 

健康なお肌は健康な心と体から生まれるもの。

 

日頃からストレスを減らすほんの少しの工夫が、あなたの心とお肌を救う大きなカギとなることでしょう。

 



























関連ページ