肌トラブルの改善や予防に役立つ食材は?

お肌に起こるいろいなトラブルを改善するために、さまざまなケア方法やケアアイテムがありますよね。

 

そうしたアイテムを体の内側からしっかり支えてくれるのが、肌トラブルの予防や改善に役立つ食材たちです。

 

バランスの整った食生活を送るのはもちろんですが、そうした中で起きてしまう肌トラブルには、悩み別のケア食材を取り入れていきましょう。

 

困ったトラブルを陰から助けるオススメ食材

 

乾燥肌のお助け食材

 

わかめやこんぶ、ひじきといった海藻類にたっぷり含まれる海のミネラル成分は、乾燥肌の予防に効果的です。

 

空気が乾燥しやすい冬場はもちろん、夏場でも汗とともにお肌のミネラル分が流れ、乾燥肌になることもあるので、しっかり補給しましょう。

 

緑黄色野菜と組み合わせてサラダにしたり、汁物の具にするなどすれば、おいしく無理なく食べられます。

 

 

ニキビのお助け食材

 

大人になってからのニキビは、ホルモンバランスの乱れやストレスが原因となることが多くあります。

 

また、それらが引き起こす便秘のせいで、体の外に排出されるべきものが巡りめぐってお肌に蓄積し、ニキビができることも。

 

洗顔と保湿で古い角質をしっかり落としつつ、胃腸を丈夫にする食材で便秘を防ぎ、ニキビの原因を元から断てばなおGOODです。

 

昔から胃の不調によいといわれる大根や梅干がオススメの食材。

 

大根には「ジアスターゼ」という消化酵素が含まれており、胃の働きをしっかりサポートしてくれます。

 

また、食物繊維も含まれていますので、便秘解消にもよい食材です。

 

梅干はあの「すっぱさ」の元になる有機酸が消化を助け、疲れを回復させてくれるほか、抗菌作用もあります。

 

 

むくみのお助け食材

 

むくみが気になるときは、体の余分な水分を外に出す作用のある「カリウム」が含まれた食材を取りましょう。

 

カリウムを多く含み、利尿作用のあることで有名な食べ物といえばスイカですが、季節が限定されますし、食べすぎは体を冷やすので要注意。

 

他にも、バナナやキウイフルーツといった身近な果物に含まれています。

 

暖かくして食べられるものなら、小豆やアサリ、冬瓜もカリウムを含む食材です。

 

海藻類や緑黄色野菜など、お肌によい食材と組み合わせて、汁物や煮物にするとよいでしょう。

 

 

くすみのお助け食材

 

お肌のくすみは紫外線などのダメージはもちろん、血行不良でも起こってしまうトラブルです。

 

くすみ改善をサポートするには、体を温めた上、肌ダメージからの回復をサポートするアンチエイジング効果のある食材がオススメ。

 

体を温めるのにとても効果的な代表的な食材といえばしょうがです。

 

生のしょうがよりいったん乾燥させたほうが、冷え対策にはよいとされています。

 

しょうがの代表的な成分ジンゲオールは、冷えた体の末端に深部の熱をいきわたらせて温めてくれます。

 

ところがしょうがを乾燥させると、ショウガオールという体の深いところの血流をよくして暖める成分に変わり、冷えにはさらに効果的です。

 

乾燥しょうがはココアや紅茶に入れるなどすれば、おいしくいただけます。

 

そしてアンチエイジング効果といえば、女性ホルモンと同じ働きをするイソフラボンです。

 

豆腐や納豆、豆乳などの大豆製品もとるようにしましょう。

 

 

 

お肌のトラブル解消に良質な成分の配合されたケアアイテムは欠かせませんが、サポート食材のパワーも見逃せません。

 

ケアアイテムでお肌の外側から、食べ物で体の内側から、ダブルでケアして肌トラブルの早期解決を目指しましょう!



























関連ページ