化粧品に配合されているセラミドの種類について

セラミドの種類は原料の違い

化粧水や美容液などに配合されているセラミドは、さまざまな原料をもとに作られています。

 

その原料の違いから
ヒト型セラミド
天然セラミド
植物性セラミド
合成セラミド
の4つに分けられています。

 

それぞれの特徴を知っておくと、今、あなたにのスキンケアに必要なセラミドが分かるかと思います。

 

化粧品を選ぶ時の参考にしてみて下さいね。

 

セラミドの種類

ヒト型セラミド

 

別名「バイオセラミド」と言われています。

 

酵母を利用して作られたもので、人の肌に存在するセラミドと同じ構造をしています。

 

その特性から本物のセラミドと呼ばれ、セラミドの中では最も保湿力や浸透性が優れており、刺激がほとんどないのが特徴です。

 

化粧品の成分表示には「セラミド1」「セラミド2」というようにセラミド+番号で表記されています。

 

最近では、番号でなくローマ字で表示している化粧品もあります。

 

 

天然セラミド

 

馬などの動物から作られたもの。

 

動物由来で人が持つセラミドと近く、保湿力や浸透性が高いのが特徴です。

 

値段が高いのがデメリットです。

 

ビオセラミド」「ウマスフィンゴ脂質」「セレブロシド」と表記されています。

 

 

植物性セラミド

 

植物、米や麦、こんにゃくなどから抽出されたセラミドです。

 

植物由来なので、人のセラミドからかけ離れた構造をしているため、ヒト型や天然セラミドよりも効果が劣ります。

 

また、植物というとで肌にやさしいと思われがちですが、アレルギーの原因になったり、刺激が強い場合があります。

 

化粧品の成分として「スフィンゴ糖脂質」「ユズ果実エキス」「グルコシルセラミド」などと表示されています。

 

 

合成(疑似)セラミド

 

セラミドとよく似た構造をしていますが、石油原料から合成されたもので、セラミドとはまったくの別物です。

 

セラミドの中ではいちばん効果が薄いとされています。

 

価格が安く、大量生産ができるため、多くの化粧品に使用されています。

 

セラミドとは表記することができず「ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド」などと化学物質名で表示されています。

 

注目はやはり「ヒト型セラミド」

 

ヒト型だからこそ

人の肌にもともとあるセラミドと同じ分子構造をしているヒト型セラミド

 

化粧品に使われる4種類のセラミドの中で、同じなのはヒト型セラミドだけです。

 

人間には、もともと体内に存在しているものに近いほど拒絶なく受け入れる性質があるため、うまく馴染んで力を発揮します。

 

ヒト型セラミドに期待できることは、不足しているセラミドを補い、肌の保湿機能やバリア機能をしっかりと高めてくれるということ。

 

化粧品に取り入れるなら「ヒト型セラミド」です。

 

ヒト型セラミドの驚異の保水力

 

人の肌に存在しているセラミドと同じ構造ということから、浸透性に優れ、保湿力が高いヒト型セラミド。

 

実は、疑似セラミドの約3倍の保水力があるんです!

 

加齢、乾燥、刺激などで失われていく肌の中のセラミドを補佐し、潤いのある健やかな肌を手に入れることができます。

 

セラミドは、人の肌にある保湿物質の中でもいちばんの保水力を持ちます。

 

セラミドの量が多いほど美しい肌へと近づけますよね。



























関連ページ