毎日の洗顔、ちゃんとできている?

クレンジングや洗顔など、スキンケアの中で落とすという過程において「これは洗いすぎなのでは」と不安に感じることってありますよね。

 

特に、1日のメイクを落とすクレンジングを含む夜の洗顔は、お肌の皮脂を必要以上に落としてしまう気がして

 

これ以上皮脂を落とさないよう、朝の洗顔はお湯のみがよい

 

と流すだけの洗顔ですませる人もいるようです。

 

確かに、お肌の油分が不足すると乾燥の原因にはなりますが、日々のクレンジングや洗顔でお肌が乾燥するほど皮脂をごっそり取り除いているかといえば、そういうわけでもありません。

 

イメージと思い込みでの自己流洗顔法は、あなたのお肌に見えないダメージを蓄積しているかもしれませんよ。

 

乾燥を恐れない!毎回きっちりきちんと洗顔がよい理由

 

「乾燥肌だから」
「クレンジングで皮脂は十分とったから」

 

お肌の乾燥を恐れるあまり、洗顔がおろそかになっている人は要注意。

 

皮脂というのはお肌から絶えず分泌されているもので、もちろん寝ている間だってそうです。

 

 

寝起きのお肌はメイクの汚れこそありませんが、夜の間に分泌された皮脂がのっているため、ざっと流す程度で洗顔をすませてメイクに入ると、古い皮脂の上からさらにメイクという油分の汚れをつけていくハメになります。

 

お肌に残った古い皮脂は、長い時間空気に触れることで酸化し、お肌の老化を進行させてしまったり、毛穴をつまらせてニキビなど肌トラブルの原因になる、大変やっかいなもの。

 

洗顔で洗い流しても皮脂はそこでストップするものではないため、乾燥を恐れずに古くなった皮脂は思い切ってきっちり洗い落としたほうが、お肌にとってはよいのです。

 

夜の洗顔には、クレンジングで落としきれなかったメイク汚れを落とし、なおかつ余分な皮脂を残さず落として、化粧水などのケアアイテムを受け入れやすい環境を整える意味合いもあります。

 

肌トラブルを防ぎたい人のしっかりきちんと洗顔法

 

ならば皮脂を落とそうと、躍起になってごしごしこする洗顔はもちろんNG。
お肌のトラブルを防ぐ「きちんと洗顔」には守っておきたい基本のルールがあります。

 

 

「ごしごしこすらず泡で包んで、てきぱき洗う」が大前提です。


 

正しい洗顔方法で肌トラブル回避

 

ステップ1、泡立て

 

洗顔する前に手をよく洗って、清潔になった手で洗顔料をしっかり泡立てます。

 

ネットを使って作るようなこんもりもっちり泡を作る必要はありませんが、指先とお肌の間でクッションになるくらいには泡立てておきます。

 

 

ステップ2、皮脂の多いゾーンから洗顔

 

皮脂が多く皮膚も頑丈なTゾーンを先に、皮膚が薄くデリケートなUゾーンや目元、口元を後に洗います。

 

Tゾーンはそもそもの皮脂の分泌量が多いためしっかりと、額は眉間のあたりまできちんと泡をのせましょう。

 

頬からあごにかけてのUゾーンは面積が広いため、つい力を入れてごしごししてしまいがちなので、「こすらない」を頭において慎重に。

 

目元や口元は洗うというより泡で包み込むイメージで、こするのは厳禁です。

 

ステップ3、しっかりすすぐ

 

生え際など泡の残りやすい場所に注意しながら、人肌くらいのぬるま湯で泡をしっかり落としてすすぎます。

 

この時、熱すぎるお湯を使うと洗いたてのお肌には刺激が強すぎて、肌荒れや乾燥の原因にもなるので注意しましょう。
35〜37℃くらいのお湯でじゅうぶんです。

 

 

洗顔が終わったら、きちんと洗えているかどうかを自分の指先でチェックします。
少しつっぱり感のある程度の、キュッというくらいの洗い上がりが理想です。

 

指で触れてみて洗い残しがあるようなら、そこだけ二度洗いしてしっかり汚れを落としておきましょう。

 

鉄則はこすらず短時間で
クッションとなる泡で洗いましょう。

 

いかがでしたか?

 

間違った洗顔方法はお肌が老化する原因に。
正しい知識で美肌を目指しましょう!



























関連ページ