間違った知識で肌にダメージが!

なめらかお肌を演出したくてカバーメイクをがんばっても、やはり土台の素肌からきれいになりたいというのは多くの女性の願いですよね。

 

うるおいのあるなめらかな素肌作りには毎日のスキンケアは欠かせないもの。

 

中でも「汚れを落とす」クレンジングと洗顔は外すことのできないスキンケアの基本のプロセスです。

 

しかし、このクレンジングと洗顔について間違った知識と思い込みで、よけいに肌を荒らしている人も少なくありません。

 

これってあり?勘違いされやすいクレンジング&洗顔法

 

クレンジング&洗顔の「常識あるある」が実際にどうなのかチェックしてみましょう。

 

汚れが残りやすいポイントメイクは専用リムーバーでオフ?

 

マスカラや口紅などヨレたりくずれやすいポイントメイクのアイテムは、その需要とともに「崩れにくい」「しっかりキープ」をうたったものがどんどん増えてきました。

 

それに伴い、オフするための専用リムーバーもすっかりおなじみのアイテムとして定着しています。

 

特に濃くなりがちなポイントメイクをするりと落とす洗浄力は魅力的ですが、リムーバーはそのぶん刺激が強く、お肌へのダメージ大。

 

「ポイントメイクはリムーバーでしっかり落とさないと」という思い込みで、皮膚が薄くデリケートな目元や口元をこすりすぎてしまい、シワになることも……。

 

 

 

念入りなマッサージで毛穴の奥まで汚れをオフ?

 

ゆっくりゆっくり時間をかけて、ていねいにマッサージしながらクレンジングすると、なんだか毛穴の奥の奥まで汚れが落ちたような気になりますね。

 

「時間をかけたクレンジング=美肌への近道」と思ってそうしている人は案外多いのですが、これは一番やってはいけないミス。

 

綺麗になるためのメイクもお肌からしたら人工的な油性の汚れにすぎず、それをオフするクレンジング剤は、自然な皮脂よごれを落とすための石けんなどよりはるかに洗浄力が強いのです。

 

当然、お肌にかかる負担も大きいのに、それを長い時間お肌の上にのせているとますますダメージを受けてしまいます。

 

お肌のためを思ったマッサージも自己流では力加減があやふやで、強くこすりすぎていても気がつきにくいんです。

 

 

 

ふきとりシートやW洗顔不要のクレンジングで回数を減らして乾燥を防ぐ?

 

クレンジングや洗顔で皮脂を落としすぎ、お肌が乾燥してしまうのは嫌だからと、ふきとりシートやW洗顔不要のクレンジングを安易に使うのは要注意。

 

メイクをオフする力が高いものは、お肌に負担がかかる成分が含まれていることが多く、きちんと吟味もせずに適当にチョイスしたものを、楽だからといって日常使いするのはNGといえます。

 

また、ふきとりシートはどうしても摩擦の刺激が加わり、さらにお肌がダメージに晒されてしまいます。

 

 

 

乾燥しがちなお肌にはやさしいしっとりタイプの洗顔料?

 

洗い上がりのしっとり感とうるおいを求める人のために「うるおいキープ」や「しっとりタイプ」をうたった洗顔料は数多くあります。

 

しかし、クレンジングや洗顔は、お肌になにかをプラスするのではなく、お肌から汚れをオフするマイナスのケア。

 

しっとりタイプの洗顔料は、化粧水のようにお肌にうるおいをプラスするのではなく、水分を逃がさないために肌に油膜を残すものが多く、洗顔後の保湿ケアが浸透しにくくなってしまいます。

 

敏感肌をつくっているのはあなた自身かも!?

女性のお肌の悩みでよく聞かれる「敏感肌」を何とかしたくて、日々のスキンケアをがんばっている人は多いことでしょう。

 

この敏感肌、生まれながらのもの以外に、なんと自分で作ってしまうケースがあるのです。

 

それが間違ったスキンケアなどでおこる「思い込み敏感肌

 

中でも、お肌のいちばん外側にあり、さまざまな刺激から守ってくれる「バリア機能」を持っている角質層を、刺激の強いクレンジング剤で傷つけることで起きてしまうことが多いようです。

 

お肌の汚れを落とすことは確かに大切ですが、落とすことばかりに執着しすぎてクレンジングや洗顔によるダメージを見過ごさないよう気をつけたいもの。

 

正しいクレンジングや洗顔をマスターし、クレンジング剤や洗顔料はしっかりと成分まで吟味するのがベストです。

 



























関連ページ