洗顔料

MENU

洗顔料のキーワードとは?

スキンケアの基本である「お肌の汚れを落とす」毎日の工程に、クレンジング剤と共に大きく関わっているのが洗顔料です。

 

洗顔料はタイプも実にさまざまで、「しっとり」「弱酸性」などと、いろんなうたい文句を掲げて数え切れないほどの種類が出ていますね。

 

それ故にいざ洗顔料を選ぼうと思ったら、何を基準にしていいのかがぼんやりとして、どれが自分に合っているのかわからなくなることも。

 

あなたを惑わすそのキーワード、はたして真実はどうなのでしょうか?

 

これホント?洗顔料のお決まりキーワードの注意点

実際には特に効果がなかったり、その後のケアの妨げになる作用があっても「なんとなくお肌によさそう」と思わせてしまうのが洗顔料お決まりのキーワード。

 

それに惑わされないためには、キーワードに隠された事実を知っておきたいものですね。

 

あるある!よく見かける洗顔料のうたい文句

 

植物性

 

言葉だけ見ると天然成分配合でお肌に優しい印象ですが、実際には天然成分は安定しないため、特にお肌が敏感な場合思わぬ肌トラブルを引き起こす可能性があります。

 

人の手が生んだ合成成分のほうが成分そのものが安定しており、かえってお肌にやさしい面があります。

 

肌と同じ弱酸性

 

人の肌は確かに弱酸性ですが、だからといって弱酸性の洗顔料が特別お肌によい効果をもたらすかといえば、実は意味がありません。

 

洗顔料を洗い流す水道水は中性なので、いくら弱酸性の洗顔料で洗ったとしても、すすいでしまえばお肌は中性です。

 

洗い上がりのお肌を弱酸性に戻すのは、もともと人のお肌にすんでいる常在菌と呼ばれる細菌たちの仕事なので、わざわざ無理して弱酸性のものを選ぶ必要はありません。

 

美白成分配合

 

お肌の汚れを落として白い透明なお肌にしてくれそうな印象を受けますが、洗顔料に美白成分が配合されていても、その効果に期待しすぎるのは禁物。

 

ビタミンCに代表される美白成分は水に溶けてしまう水溶性のものが多いため、どれだけ洗顔料に含まれていても、最終的に全部流れてしまうことがほとんどです。

 

美白成分だけでなく、ヒアルロン酸やセラミドといった保湿成分も同様です。

 

洗顔料の本分は「お肌の汚れを落とす」こと。
よほど特殊なものでない限り、洗い流す洗顔料にお肌へ何かをプラスする効果を期待しすぎないことです。

 

洗い上がりしっとり

 

このワードを掲げる洗顔料はたいへん多く、お肌がかさつきがちな人はすかさず手を伸ばしてしまいたくなりますよね。

 

しかし、実際のところ「しっとり」をうたった洗顔料のうるおいの正体は「油分」であることが多いのです。

 

洗ったあともお肌に油分が残って一見しっとりしたように感じるだけで、洗顔後のスキンケアで化粧水がうまく肌に浸透しないなど、ケア不足の原因になることもあります。

 

言葉だけで飛びつかず、何の成分がどのような働きをし、どういうしくみで「しっとり」になるのかきちんと吟味したいものです。

 

選ぶならどのタイプ?洗顔料いろいろ

クレンジング剤と同じく、洗顔料にもさまざまな特徴をもったタイプがあり、どれを選ぶか迷ってしまいそうです。

 

最も一般的なのはフォームタイプで、しっかりした洗浄力とダントツに種類が多く選択肢の幅が広いのが大きな特徴です。

 

スクラブ入りなどかわったものもありますが、あまり固いスクラブは肌を傷つける原因となるため、成分や素材をじゅうぶんにチェックして選びましょう。

 

ミルクタイプやジェルタイプは、洗浄力は弱めですがお肌へのダメージは低く、お肌が特に敏感な人に向いています。

 

一方、容器をプッシュすれば泡がでてくるタイプやパウダータイプは、お肌への負担が大きいため、日常的に多用するのはあまりオススメできません。

 

特にパウダータイプのものはピーリング効果のある酵素を含んだものもあり、デイリー使いというより週に一度のスペシャルケアに活用したほうがよいでしょう。

 

また、洗顔料が登場する前から一般家庭で活躍している固形石けんは、お肌へのダメージは少なく洗浄力は高いという、オーソドックスだからこその強さがあります。

 

ただし美容成分が過剰に盛り込まれたものは、成分がお肌に合わないこともあるため、慎重に選びたいところ。

 

スキンケアの中で洗顔は、クレンジングの次にお肌を傷めるステップです。

 

乾きがちな肌の人は低刺激で自分に合ったものチョイスして、極力お肌にダメージを与えないようにしましょう。



























関連ページ