肌がカサつく…そんな時はスペシャルケアで改善!

どんなにがんばってスキンケアをしていても、季節の変わり目やホルモンバランスの乱れなど、さまざまな理由で肌トラブルは発生してしまうもの。

 

乾きがちな肌もその1つです。

 

特に多いのがお肌の乾燥で、目もとや口もとのようなデリケートゾーンに限って肌トラブルに襲われがちなのは困ったものですね…

 

いつものスキンケアだけでは対処しきれないことも多いので、そんな時はスペシャルケアをプラスしてみるのはどうでしょう?

 

ムダなケア回避もためにも目的をはっきりと!

お肌のトラブルが起こったときにまず大切なのは、

 

それがどんなトラブルでどういうケアが必要なのかを把握

 

し、スペシャルケアの目的をはっきりさせることです。

 

トラブル中のお肌は普段に比べはるかにデリケートなので、回復させたい気持ちばかり焦って不必要なケアまであれこれしてしまうと、逆にお肌に負担をかけてトラブルがひどくなることもあります。

 

また、生理前やストレス、生活の乱れなどに原因がある場合、スキンケアはもちろんのこと栄養のバランスや睡眠、ストレスケアなど他に気をつけるべき点や必要な対処法も出てきます。

 

まずは自分のお肌に今なにが起きているのか把握するところから始めましょう。

 

目的に応じたおすすめスペシャルケア

 

肌トラブルの中でもよく聞かれる悩み別に、どんなスペシャルケアがあるのか大まかにあげてみました。

 

ケアに使うアイテムは、目的に合った有効成分がしっかり配合されたものを選んでくださいね。

 

加齢で乾燥したお肌の保湿

 

長く生きていれば人の体は老化し、その機能はどんどん低下していきます。

 

それはもちろんお肌も同じで、特に40代になる頃からお肌の老化は急激に加速し、真皮のコラーゲンがへたれてお肌を支えきれずにシワやたるみが増えるなど、お肌の悩みもつきることはありません。

 

中でも、皮脂の分泌が減ることでお肌のツヤがなくなり、乾燥しがちになる人は多いようです。

 

そんな時こそ、お肌に油分をおぎなう乳液やクリームの出番です。

 

特にコクのあるクリームは効果的で、美容液のあとにUゾーンとTゾーンになじませておきましょう。

 

 

目もとや口もとなど部分的な乾燥の保湿

 

若い人でも季節の変わり目や生活の乱れなどで頻繁に起こるのがお肌の乾燥。

 

特に目もとや口もとといった部分的な乾燥が起こったときは、他の場所のお肌との兼ね合いでどうするべきか悩むこともあるでしょう。

 

そんな時は、ポイント用でも顔全体に使うものでもOKなので、クリームで気になる部分を集中的にケアします。

 

クリームなら目的の場所にピンポイントでつけられますし、垂れてくることもありません。

 

美容液のあと、少しの量を指先にとって乾燥したところにだけやさしくなじませていきます。

 

この時、ごしごしすりこむのはNGです。

 

もしもパックをしたいなら、シートタイプよりも固めて水で洗いながすクレイタイプのものを。

 

シートタイプでは時間とともに水分が蒸発していってしまいますし、手持ちの化粧水や美容液を自分でしみこませるものは特に、ついつい必要以上の量を使ってムダにしてしまいがちです。

 

 

血行の悪いお肌にマッサージ

 

疲れて血行が悪く、メイクのノリがいまひとつなお肌には、血行をよくして代謝を高めるマッサージをしてみましょう。

 

マッサージには専用のクリームと美顔器を使い、自分流のハンドマッサージはしないこと。

 

自分流では適切な力加減がわかりにくく、刺激が強すぎてシワの原因になってしまうこともあります。

 

 

乾燥したお肌のケアは、セラミドが配合された美容液のあとに乳液やクリームで油分を補うのがより効果的。
潤いのあるやわらかいお肌に整えてくれます。

 

乾きがちな肌や40代は水分だけでなく油分も減少していくので、+αのケアが必要になってきます。

 

どうしてもお肌がカサつく、という時は、乳液やクリームなどを取り入れてみてください。

 

乾きがちな肌に最適な「クリームランキング」はこちら

 

 



























関連ページ