化粧品の潤い事情とは?

「うるおい=水分」だから化粧水はお肌の水分補給に絶対欠かせない!

 

その考え方は女性たちにすっかり浸透し、バシャバシャ使っている、めんどうなケアはしないけど化粧水だけは持っている、なんて人もいますよね。

 

しかし、お肌の潤い補給をすべて化粧水任せにして、本当に大丈夫なのでしょうか?

 

他の肌質以上に保湿が重要な乾きがちな肌の人は特に意識しておきましょう。

 

「しおれた花に水」にはならない!意外と複雑なお肌の潤い事情

洗顔後のお肌に化粧水を使うと、みるみる潤ってお肌の奥まで水分がしみわたっていくような心地よさがありますよね。

 

その時の感覚はまさに、しおれた花に水をあげたときのようで、洗顔で失われたお肌の水分を一気に取り戻せる爽快感まで覚えることがあります。

 

ところが、お肌の潤いとうのは「乾けば水を撒けばいい」という単純なものではありません。

 

外から与えられた水分はあくまでも一時的に、しかも角質層の途中までしか入らず、時間が立てば蒸発してなくなってしまうもの。

 

本当のお肌の潤いは体の内側から発生するもので、角質層にあるセラミド、角質層より下の真皮にあるコラーゲンやヒアルロン酸といった、水分をたくわえる「保水成分」の力で保たれているものです。
この保水成分がしっかりしていないと、潤いのあるお肌にはなれません。

 

肌の構造の詳細はこちら

 

 

いくら勢いよく水を流しても、それを受け止める器がなければ全て流れてしまうようなものですね。

 

だから、「化粧水の水分」に過剰な期待と信頼を持ってしまうのはよくないことなのです。

 

選ぶ時のポイントは?化粧水に真に求めるべき「有効性」

化粧水の水分をそっくりそのままお肌の潤いにすることはまずできませんが、化粧水はしっかりチョイスすればさまざまな可能性を期待できるケアアイテムです。

 

選ぶときの大きなポイントは、「有効成分」の有無。

 

「有効成分なんて眉唾ものでは?」と思っている人もいるかもしれませんが、そうそうバカにできるものではありません。

 

たとえば、お米をといだ後に手がつるつるになるのは、米ぬかに含まれるビタミンEなどの美肌成分の作用によるもの。

 

化粧水などのケア用品は、さまざまな原料から有効成分を抽出し、よりお肌に安全に浸透させやすいよう作ってあるため、有効成分がはっきりした良質な化粧水は、美肌をつくる手助けをしてくれるのです。

 

このことを踏まえて化粧水を選ぶと、お肌も違ってくるはずです。
自分のお肌の必要性に合わせて上手にチョイスしましょう。

 

注目すべき有効成分は?

使うからには効果が欲しい、という人は、以下の3つの美肌成分が最適です。
いずれかが入ったものを選びましょう。

 

アンチエイジングにオススメ!「ビタミンC誘導体」

 

強い抗酸化作用があり、アンチエイジングに効果があるとよく知られたビタミンCを、お肌に浸透しやすい形にしたもので、化粧水に入れると安定性のよい成分です。

 

過剰な皮脂をおさえてニキビを防いだり、色素沈着をさまたげてシミを防ぐ、毛穴のたるみを防ぐなど、さまざまなお肌のトラブルに対処してくれます。

 

さまざまな種類がありますが、「リン酸パルミチン酸型」と呼ばれるものが効果が高く、その効果は通常のビタミンCの100倍とすら言われているほどです。

 

ただし、配合量によって刺激の原因ともなるため、乾きがちな肌にも対応した化粧品選びが重要です。

 

お肌のかさつきが特に気になる人は「保湿成分」

 

もともとお肌に存在していて、水をたくわえる貯水庫の役割をしている成分です。

 

代表的なものに「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「天然保湿因子(NMF)」などがあります。

 

最も保水力の高いのはセラミドですが、その他の成分も十分に保湿効果を期待できます。

 

 

シミ・そばかすの発生が気になるときに「美白成分」

 

シミやそばかすの原因となるメラニン色素を作り出すのに欠かせない「チロシナーゼ」という酵素の作用を抑え、メラニン色素が過剰に作られるのを防いで、シミやそばかすを予防してくれる美白成分です。

 

化粧水の成分としてみかけるのは「カモミラET」「甘草エキス」「ルシノール」「エラグ酸」など。

 

アンチエイジング効果で知られるビタミンCにも美白効果があることで知られています。

 

どれも気になる美肌成分ですよね。
あなたが使っている化粧水には入っていますか?

 

化粧水では思っている以上に保湿効果は望めません。
それならば、美肌へのサポートをしてくれる有効成分が配合された化粧水を選んで素肌力を高めましょう!

 

乾きがちな肌対応!オススメ化粧水ランキングはコチラ

 

 



























関連ページ