ヒフミドトライアルセットの体験レビュー

ヒフミドトライアル

こんにちは、乾燥性敏感肌・年齢肌・季節のゆらぎ肌で日々お肌状態ブレブレのまたまたサッチーです♪

 

基本乾燥がちなお肌状態、これ以上乾燥してエイジングサインで悩まされるのはもうイヤ!

 

ということでいろんな敏感肌・乾燥肌向けのスキンケアシリーズを試している最中ですが…。

 

とにかく保湿!ということで、今回見つけたのが小林製薬が販売している「ヒフミド」というシリーズです。

 

7日分のトライアルセットもあったし〜♪早速注文しちゃいました!

 

 

 

■トライアルセット届きました〜♪

 

トライアルセットの使う順序

 

トライアルセット内容は使用順に

 

  1. クレンジングミルク(メイク落とし)
  2. 洗顔ソープ(固形石けん)
  3. エッセンスローション(化粧水)
  4. エッセンスクリーム(保湿クリーム)
  5. UVプロテクトベース(日焼け止め)

 

の基本アイテム5点セット

 

加えて、今なら非売品の可愛い水玉模様のトラベルポーチがついていたんですよ♪

 

 

水玉トラベルポーチと容器

 

マチもついて想像以上に大き目だったのでいろんな用途で使えそう〜。

 

 

じゃなくて!スキンケアの方ですね!

 

製薬会社だからか容器なんてこだわらない(?)と感じさせる可愛くないパッケージです(笑)。

 

 

肝心なのは中身!さあ、早速お試しです〜。

 

 

■ステップ1の「落とす」クレンジングミルクはどう?

 

ヒフミドクレンジングミルク

 

メイク落としですね。本商品はプッシュ式だそうですがお試し用なのでチューブ式

 

 

ヒフミドクレンジングミルクのテクスチャー

 

500円玉よりもやや大きめが使用目安量とのことですが、乳液のような柔らかテクスチャー。トロ〜んと手からこぼれそうですよ。アイスクリームが解けたみたいな感じですね。

 

顔全体にいきなり広げるんですが、すごく柔らかい!スルスルと滑らかに指を回せるので、すごく優しくクレンジングできました。

 

油分は全く感じませんね。しっかりメイク汚れが浮き出ると思います。

 

優しくクルクル指動かすだけで口紅もしっかり落ちちゃいました!

 

程よい潤い感

しかも洗い流す時にちょっと目に入ったんですが、それでも痛みも感じませんでした。

 

洗い流した後はさっぱりするけど、ほどよい潤い感も与えてくれます。

 

ただ…、実はすでに2回試しているんですが、量を少なくするとお顔の表面で乾燥した感じになって、指が動かなくなりました!

 

これは適量を守るべきですね!

 

目に入っても痛くないくらいだしお肌全体的にも刺激感はありませんでした♪

 

■ステップ2の「洗う」洗顔ソープはどう?

 

ヒフミド洗顔ソープ

 

ヒフミドの洗顔には、固形石鹸タイプモイスチャーフォームという泡洗顔料があるんですがトライアルセットに入っているのは固形石けんタイプ

 

固形石鹸…手ごわいんですよね〜(苦笑)

 

しかもヒフミドでは「泡立てネット」はありませんでした(泣)。
(このあたりの比較は ⇒ 「ディセンシア」のつつむシリーズのレビューもご覧くださいね!

 

とりあえずレモン大の泡、とのことで、顔をまず濡らしておいて泡立てに入ります。

 

ヒフミド洗顔ソープの泡立ち

 

最初は石鹸成分がほとんどでしょう?だからかすごい粘りがあるんですよね。汚れをしっかり吸着してくれそうな感じです。

 

これにすこ〜しずつぬるま湯を垂らしながら水分を混ぜて泡立てて…を繰り返してレモン大になりました!

 

これでお顔全体をしっかり包むことができる量です。

 

指がお肌に触れないくらいの泡で優しく洗うことができますね。泡パックしておきたいくらいでした。

 

と、洗い流す時に問題発生!

 

ヒフミド洗顔ソープで肌トラブル発生

 

おでこが痒い…ピリピリ感…ちょっとイタイ…。

 

これはまずい!ということで洗顔はちゃんとした後だったのですぐさまキレイに洗い流しましたが、おでこ中央が赤くなってしまいました〜(泣)

 

その後もしばらくは

 

洗顔ソープは合わないかも…。しばらく痒み、赤味が引きませんでした。

 

頬(小鼻の横)や唇の上にも赤味が出ちゃいましたわ。

 

ちなみにしばらくすると落ち着きましたが、使用し続けて改善されるかひどくなるかは、まだ分からない段階です。

 

痒いのイヤだけどな〜。

 

しかも洗顔後さっぱりはするもののクレンジングミルクのような潤い感はありませんでした。

 

■ステップ3の「潤す」エッセンスローションはどう?

 

ヒフミドローション

 

これって口コミでは

 

「トロミがあってしっかり保湿できる!」

 

っていう声と

 

「浸透が遅い!」

 

っていう声などなど・・

 

人によっての使用感・実感がすごく違っていたんですよね。

 

で、実際に手に出してみると、
私的にはトロミがあるとは感じず、お顔に広げた段階で多少のトロミに変化する、っていうようなテクスチャーでした。

 

伸びが良いローション

 

シャバシャバとした水っぽい感じから、お肌に広げるとヌメリのようになるので、伸びが良いと思います。

 

ローションで伸びが良いって変かも知れませんが、これがしっかり浸透したところで手の平が吸い付くようなモッチリ感を得られます。

 

乾燥がひどいからか、浸透するまでの時間ってそんなに気になりませんでしたよ。個人差ですね。

 

ローションそのものは刺激はなく、ただ前段階のソープの刺激のみが残っていました…。

 

■ステップ5の「補う」エッセンスクリームはどう?

 

ヒフミドクリーム

何でステップ3からステップ5!?

 

トライアルセットにはステップ4の「整える」ための「エッセンスミルク(保湿乳液)」は省かれているんですね。

 

基本、ローションとクリームで保湿力はオッケー!ってことなのでしょう。

 

で、クリームですが、見た目ちょっと硬そ〜、って感じたんですけど、何となく油分が入っているような感じでした。

 

指に広げると、にゅるんと滑って伸びます。

 

顔のポイントに5か所置いて、全体に広げていくんですが最初は伸びが良いんです。

 

でも伸ばしているうちにペタペタの膜になっていく!?って感じ。

 

テクスチャーの変化

 

もう伸びない!って感じたころに、これベタつく〜!!

 

としばらくは感じました…でも何故かのちにサラ〜っとなっちゃうんです…。しかもお肌表面滑らかにすべすべ♪ふっくらとした柔らかさを実感♪

 

私の場合は、保湿や潤いというよりもそちらの実感の方が大きかったですね。「ハリ」「弾力」とはちょっと違うんですけど…。

 

これは夜に使用すると朝までふっくら(本当に「ほよよ〜ん」って柔らかかったです!)、朝のメイク前でもファンデーションに影響しない使用感だと思いました。

 

刺激もありませんが、やっぱりまだ洗顔ソープの刺激が〜!

 

■ステップ6の「守る」UVプロテクトベースは?

 

ヒフミドUVプロテクトベース

 

SPFは37です。

 

パンフレットでは白色のミルクでしたがリニューアルしたんですね。

 

口コミで「白浮きする」って声が多かったからかな…?

 

ほんのりベージュピンクでした。

 

化粧下地も兼ねているのでこれからの季節には欠かせないアイテムですよね!

 

ほんの少しですごく伸びますよ。

 

ただ、この色あまり意味ありません。カバー力があるわけでもないので、白浮きさせないために変えたのでしょうか…。

 

お顔に広げても色づくことはありません。

 

ヒフミドUVプロテクトベースのテクスチャー

 

伸びが良い、しっとりとする、ということで乳液のような感覚でした。

 

使い心地も良し、刺激やキシミ、白浮きなどもなく、ステップ5のクリームがベタつきがなくなってサラッとなるからか、ほどよいしっとり感でファンデーションの邪魔にもならない感じです。

 

実際、この後のファンデーションの乗りですが、クリームファンデでも固まることなく問題なしに思えました。

 

使い方の問題?

 

ただ!(ダメ出し多いですかね…)

 

UVプロテクトベースを出した手の甲!

 

これが白浮きの正体か!?日焼け止め特有の乾燥か!?

 

クリームまでのステップを踏まずにいきなり地肌に塗ってしまうのはNGなんだと思いました!

 

さてこのあたりでようやくソープの刺激から解放されましたが…ファンデ塗っても頬の赤ポツは隠すことはできませんでした。

 

■ヒフミドトライアルセットを初めて試してみた評価

刺激なし

3 Point

洗顔ソープのみ痒み・刺激を感じましたが他は無し。洗顔ソープの刺激はもう少し使用して落ち着くのかどうか…ですね。
保湿力

4 Point

クレンジングでも潤いを与えてくれるし、ローションも保湿力高いと思います。クリームの使用感が不思議なんですが、とりあえず朝までのお肌の柔らかさから、内側からの潤いはある、ということになるのでしょう。
持続性

4 Point

アイテムによって「さっぱり感」「しっとり感」と分かれますが持続性はそこそこあると思います。
使用感

4 Point

ファンデとの相性もクリアできたほどよい保湿感で、それぞれのアイテムの「伸びの良さ」も評価します。
香り

4 Point

どのアイテムも無臭…と感じるか薬っぽい…と感じるか、微妙なところでした。イヤな感覚はありませんでした。
価格

4.5 Point

1週間試せて1,000円を切る価格はお手頃ですね。手軽に試せる決め手になります。
総評

23.5 Point

今回のヒフミドは全てのアイテムで「香り」について触れなかったんですが、無臭?ちょっと匂う?っていう程度のものでした。製薬会社というイメージが先行してしまっているからか「お肌に優しいお薬」って感じかな。

 

ヒフミドの総評

ラインで使用しないとちょっと効果が発揮できないのかも…と思わせたのがUVプロテクトベースですね。

 

保湿力については「すごいしっとり〜!」っていう感激まではないものの、内側からの潤いを実感できたのがお肌のふっくらさに加えて、日中の部分乾燥もなかったため、お肌の保水力は高まってくるんだと思います。

 

クレンジングなどは適量でないとムリ!と感じたし、ラインで使用するとなるとコスパ的にはどうか…と思う部分や、製薬会社が開発しているという信頼性の高さの点で、愛用者の年代がちょっと高めなのもうなずける気がしました。

 

 

 


関連ページ